2021年6月27日日曜日

うなぎパイの春華堂さんのカフェ

浜松というと、うなぎパイ、が真っ先に出てくる方、多いことでしょう。 

そのうなぎパイの製造元・春華堂さんが手がける複合施設「スイーツバンク」へ行ってきました。  


あいにくの雨でしたが、大勢の人でいっぱい!! 
建物はテーブルと椅子になっています!
うなぎパイの巨大な紙袋や、プレゼント箱などもありますね。 

これ、家族団欒の象徴であるダイニングテーブルを13倍にスケールアウトしたものだとか。 


 

巨大な椅子、↑ わかりますか? 
スイーツバンクは、地元の信用金庫と一緒になっているので、それでブタさん(貯金箱のイメージ?!)なんですかね。  



 
中に入っても、巨大なティーカップやティーポットなどが。小人になった気分。  


 
びっくりしたのは↑ これ!! トイレです!!! 
まあ!!!なんとかわいらしい!!! 

ベーカリーカフェ「とらとふうせん」で、お茶してきました。  


 

案内されたのはピンク色の半個室。かわいい。他の部屋もパステルカラーでしたよ。 

オリジナルのブリオッシュがここの売りみたいなので、ミニブリオッシュを使ったフルーツジェラートサンドを頼みました。おいしかったです!  


 

販売コーナーでは、ここでしか買えないものとして、上生菓子がありました。
生クリームを使った生ケーキなどもいろいろ売っていましたが、どれも、カフェでは食べられないと言われてがっかり。
カフェコーナーが隣りにあるんだから、持っていってドリンクと一緒に食べられるようにしてくれたらいいのに。 

そんなにたくさんスイーツを買っていっても、主人と二人なので食べきれません。
フルーツおはぎと、レモンケーキを試しにテイクアウト。 レモンケーキは好みでした。

2021年6月26日土曜日

米粉100%のバウムクーヘン&パン

できる限り、グルテンフリーを心がけていますので、米粉を使う頻度が多くなりました。 

洋菓子やパンは、米粉ケーキとか米粉パンとか名前がついていても、実際は、ふくらまないために小麦粉を混ぜていることがほとんどです。  




 お友だちに教えてもらったこちらの米粉100%のバウムクーヘン。 
米粉だけで作られているとは思えないほど食感もよく、おいしかったので、そのあと時々お取り寄せしています♪  


 

普通のバウムクーヘンもいいですが、↑ 新発売のハードタイプ(ギザギザのヘリのもの)が私の好み!! 

イラストもかわいいので、切り取って取ってあります(^^ゞ 
ソフトタイプはうさぎさん、ハードタイプはくまさんの木こり♪ 

使っている米粉は、ノングルテンの、やのくに純真米粉。 
山口県の田園地帯で、丁寧にお米から育てられているそうです。 

そして、その米粉で作られているパンも、同じサイトから購入できるのですが、 まさかパンもノングルテンでできるなんて!!すごいです。 

私はアレルギーはないですが、アレルギーのある方はノングルテンのパンはなかなか見つからないので、きっとすごく探しておられるのではないでしょうか。  


 
こちらのパンも時々購入させていただいています。
お餅みたいにモチモチ感があって、和のおかずにも合うんです。

お米でできているのに腹持ちもよく、冷凍庫に常備しておくようになりましたよ。

2021年6月20日日曜日

和紅茶のテイスティングセミナー@浜松

ニッポンでつくられた和紅茶の魅力』と題した、和紅茶のテイスティングセミナーをさせていただきました♪ 

場所は、浜松のヘッドスパ&グラスルーエシャルールさん。  


 
全国各地で作られている和紅茶。悩みに悩んで5種類。 
品種の違うものを飲み比べしていただきました。

海外の紅茶もおいしいですが、日本産の紅茶もなかなか、負けてはいないです。 
静岡県はお茶処なので、日本一、和紅茶の生産者が多いんですよ。 
みなさんのお近くにも、和紅茶がきっとあるはず!!  


最後は和菓子と洋菓子と一緒にゆっくりとティータイム。 
主催のシャルールさん手づくりの練り切り、そしてボナペティさんのカップケーキ。 
和菓子と洋菓子と、両方とのペアリングを楽しんでいただきました。  


 
レモンのパウンドケーキにレモンクリーム。ピーチで丁寧にバラ模様を作られています!
美しい!!  


 
練り切りは、午前の部と午後の部とで、違うものが出ましたよ♪ 

ご参加くださったみなさま、シャルールさん、ボナペティさん、ありがとうございました!! 

今後も、テーマを変えていろいろ企画していきますので、SNSをチェックしてくださいね。


**シャルールさんでの過去のお茶会の様子はこちら。




2021年6月18日金曜日

英国菓子、お取り寄せ♪

公私ともにお世話になっている、東京の「Cha Tea紅茶教室」さんが、お教室のすぐそばに、紅茶&英国菓子販売のお店をオープンされました。 

コロナ禍で東京へ行けないので、通販サイトからお取り寄せしちゃいました(≧▽≦)  



 ロンドンバスのギフトセット。かわいい~(≧▽≦)  


 しっかりしたつくりの、紙製のロンドンバスに、ショートブレッドと、Cha Teaさんセレクトのお茶が5種類(少量パック)。  


 
箱の中にもちゃんとお客さんが描かれています。
飾っても楽しいし、またギフトボックスとしても使えます!!  


 

そして、スコーンは、通常は通販しておられないのですが特別に加えていただいちゃいました。ありがとうございます(;O;)  


 

ベリーがたっぷり入ったスコーンがめちゃくちゃおいしかった!
クリームつけなくてもいけます!!  
 


紅茶単体も、種類いろいろ! ティーバッグもありますよ。 
また、私はバーレイのペーパーナプキンも一緒に頼んじゃいました。 
バーレイのこの柄が、お気に入りなんです。 

コロナ禍で気持ちが沈みがちですが、好きなものを取り寄せておうち時間を楽しめるのはありがたいですよね。 

紅茶以外の商品もいろいろあるので、ぜひ通販サイトをチェックしてみてくださいね!

2021年6月6日日曜日

美術館めぐり@静岡市その2

昨日に続き、静岡市の美術館めぐりです。  


 お昼のあと「静岡市美術館」へ。 
特別展は、大好きなイギリスの、大好きなお花がテーマ。 
英国王室が愛した花々 ~シャーロット王妃とボタニカルアート~』 

ユネスコ世界遺産にもなっている、世界最大級の植物園・キューガーデンのコレクションを中心に、 美しい花々を描いた約100点のボタニカルアート(植物細密画)を展示。  


 
撮影スポットとなっていた、当時の邸宅の部屋。壁紙や食器に植物が取り入れられています。 
シャーロット王妃お気に入りのクイーンズウェアをはじめとしたウェッジウッド、ウースターやダービーなど王室ゆかりの陶磁器も展示されていました。  


 
写真が発明される前、植物の科学的記録、図鑑は、絵、ボタニカルアートでした。 

現代ほど道具もよくなかったでしょうに、よくここまで精密に描けたものだと感動します。 一つ一つの作品を、食い入るように眺めました。  


 資料も購入。

一度、ワークショップでボタニカルアートをやったことがあるのですが、目も神経も使う大変な作業。 それよりなにより、デッサン力ですよね(;^_^A  



 
植物に癒されたあとは「ケーキと紅茶のお店 マリアサンク」さんでティータイム♪ 
久しぶりのマリアサンクさんです。 

いつもコラボでお茶会をさせていただいているサロンド・テ・AIさんとご一緒に。  


 
マリアサンクさんにはケーキのハーフ&ハーフがあります。さすが!!いろいろ食べたいのがわかっていらっしゃる!!  

 


アップルパイとチーズケーキ。 ケーキも紅茶もおいしく、楽しいひとときでした。

2021年6月5日土曜日

美術館めぐり@静岡市その1

先月、車で静岡市まで行ってきました。 
目的は美術館めぐり。 

朝一で、登呂博物館へ。 
古墳の特別展を開催していたので、それを見たかったのです。  



 

国の特別史跡である「登呂遺跡」は、弥生時代の集落・水田の遺跡です。 
当時の暮らしをより詳しくわかる博物館が隣接。 博
物館には今回初めて入りました。 
子どもにもわかる展示なので、とても楽しめますよ。  


 さくらももこさんのポスターも。同年代のさくらさん。
お亡くなりになって本当に残念です・・・。  


 そして、登呂遺跡まで行ったら、こちらの美術館も外せません。 
芹沢銈介美術館」 

今までも何度か訪ねています。大好きな美術館です。 
静岡市生まれの染色工芸家、芹沢銈介が、生前建て、作品とコレクションを静岡市に寄贈。 民藝運動に共感し、たくさんの民芸品のコレクションもあり、それを見るのも楽しいです。  


 
駅方面へ向かう途中、これまた一度行ってみたかった、イギリスアンティークの「ケントストア」さんへ。 
とにかくた~くさんのアンティークがびっしり。 
ないものはないんじゃないか、ってくらい種類も豊富。家具が多いですかね。 
いつか一つでも購入できたらいいなあ。  



 お昼はマグロ丼。いろいろ悩むけど結局ここに行きつく・・・(笑)

2021年6月3日木曜日

藤枝おんぱくWS参加♪

先日、藤枝市の「藤枝おんぱく」の古民家リノベーション町歩きツアーに参加してきました。 

コロナの感染者が増えたため、中止になったワークショップもありました(私が参加しようと思っていたWSも中止に・・・(;O;))。 
町歩きツアーは屋外ということもあって、開催になってよかったです。 

集合場所は、フジの花で有名な蓮華寺池公園。  


 
残念ながら、フジの花はもう終わってしまっていましたが、スイレンがきれいに咲いていました。 

蓮華寺池公園の周りには、気になるスポットが増えています。 
リノベーションまちづくりに取り組むNPO法人SACLABOのスタッフさんが、 古い建物をリノベーションして活用しているお店を案内してくれるというもの。 

まずは「おそば めぐり庵」さんへ。在来そばのお店で、自家製粉、石臼挽きの手打ちそば。  


 

そばがきと、お茶を出してくださいました♪ おいしい!!! 
次回はぜひランチで来たいです。そば大好き!!  


土日はおむすびやさんになります。石ちゃんが来たのはおむすびやさんの時ですね。  


 次は、複合施設「ニシカ(nicica)」。 
「はかりうりトイトウ(toi tou)」「低糖質おやつとコーヒー ロッコ(Locco)」「一箱本や はこぶっく」「衣食住のセレクトショップ ソルネ」「セルフケアラボ グリーンハウス」などが入っています。 

地元の方やボランティアが力を合わせて土間を塗ったりしてコロナ禍に完成。
そのいきさつや様子をビデオを交えてお話くださいました。  



 

量り売り、器やバッグは自分で持ってくるかお店にある空き瓶を使って。 
SDGsが徹底されているのもいいですね。
量り売りは昔は当たり前でしたよね。 小さいお子さんでも量り売りなら、自分のお小遣いで買えますよね。  


 こちら、低糖質おやつとコーヒー ロッコさん。 
ヴィーガン、低糖質を心がけている人には(私もです)泣きたくなるほどうれしいお店。
一度来たいと思っていたので、ツアーに入っていてうれしかった~。  


 ツアー参加者にお土産でロッコさんのおやつが!!!  


 甘ったるくなく、ナッツ大好きなので、家でおいしくいただきましたよ。
ごちそうさまでした。  


 ニシカの裏手にある「月見豆」さんの店内も、ちょこっと見せていただけましたよ。
おかずと発酵ごはんのお店。 
古民家というほど古くはなさそうですが、昭和のお家をきれいにリノベーションされていてすごく雰囲気があり、このお店も絶対に今度来たいと思いました!  


 次に訪れたのは「茶房華蔵」さん。 
石蔵をリノベーションしたカフェです。
こちらも何度も前を通るけれど入ったことがなかったので楽しみにしていました。 
2階で、オーナーさんがカフェをオープンするいきさつ、リノベーションのご苦労をお話してくださいました。  


 そして、オリジナルラスク付き。  


 ここもまた来たい~~~!! 

途中、骨董屋さんにも立ち寄っていただきましたよ。 

最後は、蓮華寺池沿いにある「マツウラコーヒー」さんでコーヒーを出していただき、それを飲みながら感想を言い合い、お開き。 

長い時間でしたが、説明をしていただきながらの町歩きはとても楽しく、新しい発見がありました(いつもは車で通り過ぎるだけなので・・・)。 

この町が好きで、何かをしたい、地元の役に立ちたいという思いが、町を生き生きとさせていくんだなあ、と思いました。